先日こんな記事を見つけて少し驚きました。

「写真選ぶだけ…」に注意 稼ぐはずが高額請求され

自分的にはあまりにもわかりやすく詐欺だな~、という感じ。
未だにこういったものが流行るのは、やはりネットというものへの無理解がまだまだあるんだと思います。
いや、逆にスマホ全盛時代になったことで拡大しているのかも。

ネットへの無理解が詐欺を助長する

さっきも言いましたが、なぜこういう詐欺にかかるのかと言えば、ネットというものを理解できてないからです。
ネットというものを端だけかじってると、なんかよくわからない人たちがよくわからないことをして、あれよという間に稼いでる。
そんな事実を小耳にはさんでいるものだから、ネットという空間にはなにかしら大金が転がっていて、なにかコチョコチョとしていれば自分でもそれなりに稼げるのではないかと思えてしまうんでしょう。
そこを詐欺師に利用される。なのできっとインターネットが普及してからこういう詐欺は増加傾向にあると思います。

稼げるものには理由がある

結論から先に言えばネットには稼ぐネタは転がってるし、実際にそれで稼いでいる人はいます。
た・だ・し、それらはすべてネットの仕組みを良くわかっている人達がやっています。
また片手間ですいすい稼いでいるように見えても、そこには才能と高い生産能力なんかが関係しています。
実際に仕組みを理解できてる人が少ないであろう仮想通貨だってキチンとした仕組みがあって、投資することで利があるから値が上がったりします。
つまり本当に楽して濡れ手に泡みたいなことになっている人はほとんどいないのです(運良くそうなる人がいないわけじゃないですが、例外中の例外です)。

ネットもリアルも基本は同じ

つまり「何かよくわからないけどネットだから上手いことやれば楽に稼げるんじゃないか」という幻想をまず持たないことです。
そして仕組みがわからないビジネスに手を出さないことです。
・・とはいえこれってネットが普及する前のビジネスでも基本なんですけどね。
まあネットという知らない人たちからすれば得体のしれないものを媒介することで詐欺が加速してるのは事実ですが、その根底は同じということです。

みなさん都合のいい上手い話には乗っからないようにしましょう。