10月30日(日本時間11時)のappleスペシャルイベントに新型のiPadmini(ipad mini5になるのか?)が発表されるかもしれないとリークされていますね。
春に発売されるという話もあったりと錯綜しているようですが、今回発表される可能性もまあまあありそうではあります。

長らくアップグレードされていないipad mini

iPadminiといえば2015年9月に発売されたipad mini4以降3年以上も長らく出ておらず、小型タブレットを愛好していたユーザーとしては待ち望んでいたであろう端末で、もし実際に発売されるとなればかなり大ヒットとなる可能性があります。
というのも新型はApple Pencilに対応する可能性が高いからです。

もしApple Pencilに対応するなら魅力的な端末に

廉価版iPadにおいても、機能が限定されるとはいえApple Pencil対応が実現しており、書き込むのに十分なスペースを持ったiPad miniが対応することは十分考えられるでしょう
正直それ以外については外観もほとんど変化がないとリークされており、変化するのはプロセッサーのアップグレードに留まる可能性があるなどそこまで魅力的といえる情報はありません。
もちろんリーク情報においてもApple Pencil対応が確実などと報じられているわけではないので、純粋な予想と願望に過ぎないのは事実なんですが、しかしそれでも圧倒的に欲しいし対応してほしいと言わしめるだけの魅力が、スタイラス対応にはあると思います。

7~8インチの端末でスタイラスを持つものは少ない

今まで7~8インチのタブレット端末は数多く出ましたが、純正のスタイラスに対応したものは皆無に近いです。
iPadproや新型iPadは小さいほうでも9.7インチ。
surfaceをはじめとしたスタイラス対応のWindowsタブレットでもやはり11インチ以上で、最近出たsurface goでやっと10インチなんです。
逆に小型なものではgalaxy noteがあるがこちらは5~6インチでこれはこれで小さすぎます。
もちろんそれぞれがダメなわけではありません。用途に沿った活躍をしていると思います。
iPadやsurfaceは絵を描くためのキャンバス(正にペンタブレットとして)や編集作業に向いており、galaxy noteは写真への書き込みやメモとして優秀です。

8インチタブレットは本来ノートとして最適なサイズ

その一方で丁度使いやすい「ノート」として最適なはずの7から8インチの端末でスタイラス対応が出ていない状況です。
iPadはベゼルのサイズなどもあって9.7インチでは普段使いのノートとしては少し大きいと思いますし、galaxy noteはメモや手帳として使うのが限界です。
やはり8インチ程度のものが持ち上げてそれなりの書き物をするのには一番向いているはずなんです。
実際自分のような8インチ端末を愛用し続けたものからすると、専用スタイラスがついた端末はずっと待望していたもので同じように考えている人も多いと思います。



そんなこともあるので、実際発表されてしかももしappleペンシル対応となれば飛びつく人はかなり多いのではないかと。
価格についても廉価版iPadが出ている手前、以前より抑えた価格設定がなされることも考えられ、そうすればより欲しいと考える人は多くなるはずです。
そうなると自ずと大ヒットとなるのではないか、と考えられるワケです。

いずれにしても、希望なども相まって是非発表・発売してほしいと思う次第ですね。