ここのところiPadの話題ばかりしている気がしますね。
世の中的には新型iPadproの発売から時間が経ってきてちょっと落ち着いてきたような気はしますが。
今回もその続きみたいなもんですね、

テック系のサイトを見ていたら、こんな記事が目に入ったので気になったので確認してみました。

“中級Apple信者”が新型iPad Proを見送ったワケ


そしてそこで紹介されていたのがこちらのソナーペン

IMG

このソナーペン、あえて有線接続にすることで専用スタイラスに負けない使い心地を実現しようというシロモノ。
いっそ有線のペンにしちゃえってのは逆転の発想とも言えますね。
見た目はかなりアナクロですが、線なんてタブレットだと意外と気にならないかもしれません。

当ブログで書ける小型タブレットが無いと再三言っていて、かつこういったサードパーティ製のペンに触れなかったのにはワケがあります。
そういったペンはたくさん出ていますし、当然それを知らなかったわけではありません。
そのいくつかを既に試したことがあって、それがどれもイマイチだったからです。

安いものだと100均から書きやすいものもあるにはあるのですが、そういうものは大体が静電容量式で反応が一歩遅れます。
これはかなり「書く」という作業をするうえでストレスになります。
しかもパームリジェクションも効かないので書きづらいしとなかなかつらいものがあるわけです。
そういう細かなストレスがあると結局使わなくなってしまうんですよね。

Bluetoothなどで接続して使うタイプのものもありますが、専用アプリでしか満足に動かなかったりします。
それこそ価格がAppleペンシルと変わらないぐらいするにも関わらず、そこまで快適な書き心地でなかったりもしました。
というわけでいずれもやはり、満足のいくものではありませんでした。

しかしこれは有線でその不利を解消している点がメリットとなります。
自分で試すなり、もうちょっと詳細な書き味がわからないと何とも言えないところもありますが、少なくともある程度各種アプリで問題なく使用できた上で、ストレスなどもないのであれば一考に値すると思います。
それこそ参考記事のようにipad proを見送れるだけの魅力もあるかもしれません。

ケーブルを抜いた状態でペンホルダーに収納できるようですが、個人的にはこれはL字プラグで常に挿しておきたいですね。
あと記事では3000円ってなってるけど、クラウドファンディングの割引価格の話なので、今は一旦終了していて、参考価格で見ると6000円ぐらいしちゃうようです。
有線でって考えるとそこはちょっとためらっちゃうポイントにはなるかもしれません。
ただちょっと惹かれているので検討はしてみたいです。
再度ファンディングで募集されるか、普通に発売されるかはわかりませんがちょっと待ってみようかなと。

・・どうせipad mini5は当面出なさそうですしね。