私事ですけど、リラックスしたいときはYoutubeで環境映像とか見ることが多いんですよね。
そして一応4Kモニター使ってるので、高精細な4Kの環境映像を見たいと思って探すんです。
映像マニア的な所があるので高精細な環境映像を見てると癒されるんですね。

ただ、そうすると今は「偽の4K動画」がいっぱい引っかかるのが面倒なんです。
ちなみに偽の4Kとは
「2K以下の映像を4Kサイズに引き伸ばしただけのもの」
「4Kとタイトルに入れながらただのフルHD以下の動画」のことを主に言っています。

後者の4Kタイトル詐欺についてはあまり気にしていません。
なぜなら文字で「4K」と検索せずに、YouTubeのフィルタで4K解像度に絞って検索すればそれらは引っかからないからです。
一体あれは何なんでしょうね。わずかでもアクセスを増やしたいのでしょうか。
ただすぐにバレて離脱されると思うので意味ない気もしますが。
まあ、流しっぱなしにした際の関連動画として再生されるのを狙っているのかもしれませんね。

そして問題は「引き伸ばしただけの映像」のほうです。
こちらは実際に映像は4Kサイズになっているため、フィルタをかけてもヒットしてしまいます。
でも大半は大したアップコンバートもされておらずただ映像のサイズを4kにしただけです。
それは結局見え方としては、フルHDでアップされた動画を4Kモニタで全画面表示した状態と変わらず、まったく意味がありません。
なんなら無駄にファイルサイズがでかくなっている分だけトラフィックの無駄です。
正直これもあまり意図がわかりません。
同じようにアクセスを増やしたいのかもしれませんが、すぐにわかる粗さなので離脱されるのは確実です。
本当に検索の手間が増えてしまうのでやめてほしいのです。

あと、恐らく「質の悪い安物4Kビデオカメラ」で撮影されたものもあると思います。
そういったカメラについてはIT系記事などでも4Kサイズで記録しても解像感が無くて無駄だと酷評されていますね。
それで4K画像を「良かれと思って」アップされてる場合は、あえて「フルHD画質」でアップしたほうが、ある程度高精細に見えていいと思います。
こういうものも正直申し上げて「引き伸ばしたフルHD動画」と大差がないので、4Kと期待してみると離脱してしまうと思うので。

もちろん無料で見られるものに対してあまり文句を言うべきではないかもしれませんが、
それぞれ映像提供者側は益があると思ってやっていることも多いでしょう。
それにYouTube全体の利便性を損なうことになっていることは見逃せません。

それこそ、サブスクリプションで高精細な環境映像が見られまくるものがあれば喜んで月額を払います。
しかしながらニッチすぎて今のところそういったサービスはなさそうですしね。
画質と利便性の面でやはりYouTubeに軍配が上がります。
なので本当、画質詐欺でアップするのはやめていただきたいですね。