先日から結構報道されてますが、ついに曲がるスマホの実機が出ましたね。


これはかなり未来的なプロダクトではないかと個人的には感じております、ハイ。
まあ記事でも触れられている通り、広げたときに筋が入るとか曲げるごとに劣化するとか課題は多いようです。
そして巷の反応を見ても「使えない」や「保護どうすんの」「必要がない」みたいな意見が多いですね。

勿論その指摘は間違っていないとは思うんです。
劣化しそうとか筋が入るとかは当然改良の余地ありですし。
価格は今のままだと馬鹿高いわけですし。
ただだからといって一笑に付していいかというとそうではないかと。

こういう思い切って変化をつけて、かつ革新性のあるものから進化していくことで新たなイノベーションは起こるのではないかと。
それこそiPhoneだって一番最初機のモデルが出た頃は「電話にそんなでかい画面ついててどうする」とか「音楽聴くなら別にipodがあればいい」とか言われたい放題でした。
しかしどうでしょう、iPhoneやAndroidスマートフォンは今やあまりにも当たり前のデバイスになった。
それもこれもまず最初にAppleがあのインターフェイスを確立させたからに他なりません。
それにiPhoneも最初期モデルでは外野の指摘どおり、できない事も多かった。
それを考えるとこの「曲がるスマホ」だって大いなる一歩である可能性を秘めているとは言えませんかね。

だいたいそうやって革新的なモノに対して好意的な目で見ることをせず、ただただ批判をして終わる国民性は正直良くないと思っています。
肯定した上で「こうブラッシュアップすればいいよ」という意見ならいいのですが、たいていは新しいものに対して「否定する理由を探している」状態にみえます。
そういった姿勢がこの国の産業の斜陽を招いている一面があるのは明らかなので、もう少し全体で考えたほうがいいのかなと感じています。
※もちろん便利すぎるものには副作用もありますから懸念も必要ですし、扱い方や距離感の問題は気にしてもいいとは思います。
そこを某エモンのように両手離しで称賛する気はありませんのであしからず。


・・とまあ若干話がずれましたが、この「曲がるスマホ」は進化が停滞気味となっているスマートフォンの新たな革新につながるモノを感じるということです。
なのでぜひ実用性を高めてくれたらなと思います。