AR業界にビッグニュースです。
ついにHoloLens 2が発表されました。



先日二つ折りスマホについて書いた時に言いましたが、次の大きなトレンドは二つ折りよりもARだと思うんですよ。




スマホの進化としても今後5G対応などはありますが、その恩恵は高画質とゲームのレスポンスが中心になるでしょう。
そうなるともはやスマホのあの形態でできることと性能はある程度頭打ちなんで、そろそろ根本から大きな変化が必要になると思われます。
その可能性を秘めるのがARなんですよね。

もちろん現時点でもかなり課題はあると思います。
LTE対応すると噂のあった今回のHoloLens 2も残念ながらそれは搭載されませんでしたからね。
実際対応したとして、通話こそ問題なさそうなものの、一応まだ文字中心のネットメディアにおいてサイトやメッセージの可読性と文字入力の快適さが求められるのは必須です。
そのあたりをどう解決するかは重要になります。
音声入力でもいいのでしょうが、さすがに皆が独り言を言いまくってるのは想像しづらいし、抵抗があるでしょうからね。

あとは疲れないことも重要です。
現状のVRなどだと特にですが長時間はとても装着していられないような見ていることへの疲労感がありますから、ARを常に使うとなるとそういう負荷が少なくなければいけないでしょうね。

そしてこれが重要ですが、やっぱり皆が欲しくなるような訴求力のあるコンテンツが欲しいですよね。
例えばスマホにおいてはSNSやソシャゲといったものが普及の原動力となりましたからね。

そこでポケモンgoですよ。
あのゲームとARの親和性は非常に高いと思うわけです。
現状でもポケモンを捕まえる際などにはARモードで楽しむこともできますしね。
何よりポケモンgoがHoloLensのようなタイプのAR端末に対応すると、現状でポケモンgoが抱える問題点も解決してくれます。

その「ポケモンgoが抱える問題点」とは何かと言えば、「スマホ見っぱなし」になってしまうこと。
ポケモンgoの人気が出たことによって高齢者の外出時間や散歩の距離が増えたというニュースは多く聞きました。
それは非常に素晴らしいことだと思います。
実際、自分も一時ポケモンgoを真剣にやってた時期は外出が増えましたしね。
ただその時思ったのが、せっかく外に出て歩いているのに景色があまり見られないなと。
歩きスマホは駄目なんでもちろん操作するときだけ立ち止まって見るのですが、それでも頻繁に確認するので、沢山歩いても景色は楽しめないのです。
これってどうなんだろうなとずっと思っていて、外出する際は景色を見ながらのほうがリラックス効果も高いなんて話もあるのでなおさら気になるわけです。

そしてやってる間中、いわゆる「スマホ首」なので肩こりなんかもあるでしょう。
また怖い話もあり、そうやって下を向いてることで鬱の傾向が出たりすることもあるなんて言われたりもしてるので、やはりそこはあまり色々とよろしくないのかなと。
じゃあどうすればいいのかと、せっかくお年寄りが出歩くようになってるのに、と。
現状でもポケモンgo plusとかはありますが、あれはただ振動とLEDに合わせてボタン押すだけなので楽しくなくて、ガチの方以外は使わないですからね。
そこでARグラス端末の出番です。

ARグラスならどこらへんにポケモンがいるかがリアルな場所に表示され、そこに向かって歩けばいいだけです。
そしてそこにいるポケモンめがけてジェスチャーでボールを投げる。
もはや完璧なポケモンの再現です。
そういうわけでやはりめちゃくちゃ親和性が高い。
そしてそれが実現できればかなり火付け役となることが予想されます。

というわけでそんな妄想を抱いてみた次第です。
でも、実際あったら人気出そうじゃないですか?

ただ、それでレイドとかやったら大勢が一斉にボール投げるジェスチャーをする、かなり異常な集団に見える恐れもありますが・・。

まあとにかく、ARの今後に期待です。