このブログで散々取り上げてきた新モデルのiPad miniがついに発表されました!



そして、これがないと意味がないと再三言っていたApple Pencilにも対応しています!(対応するのは旧型になります)
ちなみに今回から単に「iPad mini」という名称になり、予想されていた「iPad mini 5」とは呼ばない様です。

・・前回のAppleスペシャルイベントの前から噂されていての今ですからおよそ半年ですかね、ヤキモキさせられたのは。
ほぼ希望通りの仕様ではないでしょうか。
Apple Pencilに対応して、それなりのスペックアップも実現、その上で以前値下げしたiPad mini4と同じ価格と非常に魅力的です。
贅沢を言えば噂されていた専用キーボードが出ていない事が気になりますが、それは贅沢を言い過ぎなのかもしれません。

これで遂に持ち運びやすい8インチクラスの端末が登場したわけで、これから「デジタル手帳」ライクな使い方が増えていくかもしれません。
情報端末と手書きの手帳の融合はそれだけ待ち望まれたものでもあります。
あとはこれによってより便利なアプリが待ち望まれますね。
手書きのダイアリーとクラウドでの予定管理を融合したアプリをどんどん開発してほしいですね。
現状でもMetaMoJi NoteやGEMBA Note、GoodNotes 5等々出ていますがそれぞれ一長一短ありますしもっと多数出ることでより便利なものも生まれる可能性があると思います。

あとは悩ましいのはペンのチョイスでしょうか。
正直言ってiPad miniの小さな画面で高度なアート作業をやることは少ないんじゃないかと思います。
あくまで「手帳」の立ち位置のほうが強いんです。
そうするとApple Pencilの高機能さってそこまで必要じゃなさそうなんですよね。
あくまで専用品として遅延少なめで、ストレス無く書ければいい。
そんな中、今回のiPad miniはLogicoolのCrayonにも対応するとのことで、少しでもコストを抑えるためにCrayonをチョイスすることも考えられます。
ただ、せっかく小ささが売りのminiなのにペンがごっつくなっちゃうのってどうなのっていう。
そう考えると絵とか書かなくてもやはりApple Pencilかってなるし、ちょっと悩むのかなと。


あとはやはりペンホルダー付きのケースがどれだけ出るかですかね。
正直必須になってくると思いますので。

いろいろ言いましたが、とりあえず発売を楽しみに待つこととしましょうか。
と、言いつつ自分今絶賛緊縮財政中でして即入手が厳しいかもしれない状況なんですよね。トホホ・・。
とはいえ近いうちには買います、絶対!